‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

中古車の市場価値

2013/07/02

トヨタのブランドは比較的他の車種に比べて中古車になっても市場価値が高いことがポイントです。もちろん、一つの目安に5万キロ以上を乗車すると消耗品としての自動車の価値は購入時の2割から3割程度になってしまいますが、人気のタイプの自動車であれば4割程度でも購入してくれることがあります。もちろん、車検や、車体の状態、購入した年数なども左右しますが、同じ価格のミニバンをトヨタと他メーカーで購入して同じような年数を乗車したとしても市場での販売価格、購入価格は比較的高くなる傾向があります。

 

これは、トヨタ自動車のブランドが高く支持されていることや、トヨタのミニバンが他のメーカーの同じ価格の自動車に比べて燃費面で優れていることなどが人気になっている背景があります。中古車としての資産価値を考えるのであれば、トヨタブランドの人気の高さは評価できるポイントになるのではないでしょうか。ただ、なかなか必ずしも中古で販売したからといって高く購入してもらえるかは、販売先のカーディーラーとの信頼関係にもよるところがあるので、どの程度ので買い取ってくれるのか、ということを参考情報として何店舗か比較してみるようにする方が無難でしょう。

 

 

 

他社メーカーとの比較

2013/07/02

トヨタのミニバンとしては、非常に人気が高いブランドの一つにハイブリッド車として登場した「プリウスα」があります。走行時の静かな走りや、実燃費でガソリン1リットル当たり20キロメートル弱を実現するなど、従来のミニバンのイメージを一新した画期的な車といえます。これに対抗するミニバンといえばホンダの「フリードハイブリッド」があります。プリウスに比べて、燃費面で4キロ程度劣りますが、その分、本体価格が若干安くなっていることや、走行時のスタートの力強い走りなど、走行したときの走りを追求したいホンダファンにとっては人気の車種の一つということがいえるでしょう。

 
また、トヨタのミニバンには「エスティマ」をはじめとして幅広く従来からも登場されていますが「高品質・低燃費」ということもあり、人気が高いことが特徴になっています。他のメーカーよりも販売台数も取り扱っているカーディーラーも多いので、アフターケアという意味でも優れているところが特徴になっているといえるでしょう。ぜひ、トヨタブランドに興味がある人はトヨタのミニバンを参考にしてみるのもお勧めです。きっと、他にはないグレードのよい車を見つけることができるはずです。

 

 

中古車

2013/07/02

トヨタのミニバンの中古車は他のブランドの中古車よりも多く流通しています。販売台数が圧倒的に他のブランドよりも多いことが理由になりますが、その分だけ他の車種よりも、若干ながら価格が高くなってしまう点を把握しておくようにする方がよいでしょう。
 
トヨタのミニバンの中古車としては、現在はまだ新車としてほとんど流通していない「プリウスα」などのハイブリッド車は状態のよいものが多いので、自然と市場価格も高くなってしまう点があります。それに対して、トヨタ系列の中古販売店では、カーオークションを通過せずに直接、下取りや中古車として購入、直通で販売しているメーカーがあります。このような店舗では、他の中古車のカーディーラーよりも比較的安くトヨタのミニバンを購入するチャンスがあるので、うまくタイミングを狙ってみるのも一つの方法です。

 

なかなかトヨタのミニバンをうまく購入する機会がないこともあるので、ぜひ、よい対民があれば、チャンスを捕まえてみるのも一つの方法でしょう。基本的にトヨタブランドは他の自動車に比べて価格が高く設定されているので、その意味を踏まえて購入するようにしておくのが無難になるので、条件をチェックしておくようにしてください。

 

 

 

 

 

こだわり

2013/07/02

トヨタのミニバンのこだわりは新型モデルでは「ファミリーでも乗車できる」というゆったりとした車内の空間に加え、プリウスのようにハイブリッド車では「低燃費を実現」していることを強調しています。他のメーカーよりも圧倒的に低い低燃費には自然と注目が集まることは間違いありません。非常にスマートな走りを実現していることも注目できる点であり、「ミニバンは走りにくい」「小回りが利かない」というイメージを一新する新しいスタイルのミニバンが人気を集めています。

 
オプションも多く備えられており、内装のシートカバーやライトなどは演出を加えることが可能です。これは車種に関わらずカーナビなどは純正品で共通のものもあるので、ぜひ利用をしてみてください。ミニバンといっても、家族で楽しんで乗車できるようになっているので、内装もしっかりとしています。走行時の走りをより高度に実現するために、エンジンも高性能となっており、自然な形のシフトアップを実現したオートマチックの実現など乗り心地を追求しています。世界中で人気となっている「アベンシス」などのブランドを逆輸入して日本で販売しているなど、ミニバンにも力を入れていることがうかがえます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フォルム

2013/07/02

004581

 

トヨタのミニバンには「アルフォード」や「プリウスα」などのタイプがありますが、ミニバンとステーションワゴンのどちらに分類するのか難しいところがあります。ミニバンというにはグレードが高く、内装は以前のように安っぽくなく、家族で乗車するときにも高級感を演出しています。

 
フォルムは走行時の快適さを演出するような爽快な流線型になっているものが多く、見ている人をうっとりとさせる上品さです。フォルムに興味がある人は、ぜひトヨタのミニバンのカタログを比較してみるとよいでしょう。前方部分が低姿勢になっているにも関わらず車内の空間はゆったりとくつろげるようにスペースを確保しているなど、メーカーのこだわりを実感することができます。

 
また、ヨーロッパで高い評価を受けた「アベンシス」では高級車のようながっしりとした車体に車内には高級感を演出するシンプルかつ、重厚なデザインとなっており、日本でも高い評価を受けております。全体的にかつてのミニバンの「大衆車」というイメージから「ワンランク上の高級感を演出」した自動車になっており、乗り心地も非常に快適なタイプが多くなっていることが特徴です。ぜひ、ミニバンに興味がある人は比較してみてくださいね。

 

 

 

 

 

プリウスα

2013/07/02

トヨタのミニバンの中でもハイブリッド車として登場してから非常に注目を集めたのが「プリウスα」です。圧倒的な燃費の高さで、他のメーカーの追随を許さないエコカーとなっています。ドライブモニターには、平均燃費や瞬間燃費が掲載されるので、ドライバーがどの程度の燃費で走行しているのかを一目で確認することが可能です。また、ハイブリッドシステムインジゲーターを搭載しており、路面状況など環境にあった走行であるかをドライバーに画面で表記するシステムとなっているので、無駄のない走りを実現することができます。

 
エンジンを停止したまま走行する「EVドライブモード」では、モーターのみのエンジン音のない非常にスマートな走行を楽しむことが出来るため、多くのファンから絶賛されています。また、燃費を向上させる「エコドライブモード」やパワフルな走行に適した「パワーモード」など2種類の走行パターンを用意しており、それぞれ走行時に適した快適な走りを実現することができます。エアコンもオートエアコンに加えて、ワンダイヤルエアコンコンディショナーを搭載しており、快適な室内の空気調整を実現するなど、ワンランク上の走行を楽しみたい人に向いている高級車といえます。

 

 

 

 

 

アベンシス

2013/07/02

トヨタのミニバンとして洗練されたフォルムのミニバンタイプとして人気の高い「アベンシス」。爽快な走りと躍動的なプロモーションにはトヨタファンの中でも高い支持を集めてきたタイプです。衝突安全評価では最高ランクを獲得するなど、安全性も高いことが大きな特徴になっています。発売当初は、欧米向けの「ユーロスタイル」となっていましたが、近年では日本の評価も高くなり、市場のも流通するようになってきました。

 
走行もしなやかでステアリングにこだわった車種として評価がヨーロッパでも高かった実績を持つ車種です。デザインはエクステリアの造形美を取り入れており、幾何学的に美しさを実感できます。余分な機能を省き、シンプルなデザインが好きな人にはお勧めできます。コックピットは木目調のパネルや本革巻きのステアリングなど高級感を演出しており、細部にはメッキで加工しておりグレードの高さを実感できます。ゆったりとしたシートになっているので家族で乗車するときも負担は少ないタイプです。自動無段変速機、7速スポーツシーケンシャルシフトマチックを採用しており、アクセルのオンの段階では高い加速感を実感することが可能なスポーティな一面を兼ね備えた車です。

 
 

 

 

 

アルフォード

2013/07/02

車内をゆったりとスペースを取った上品のトヨタのミニバンのタイプとして売り出されている「アルフォード」。近年では燃費の向上した高グレードのハイブリッドタイプを加え、低燃費を実現したこともあり、人気の車種となっています。シートは「エグゼクティブパワーシート」を採用しており、好みの角度に電動調整できるなどシートの角度にこだわりたい人にはぴったりのタイプ。エグゼクティブモードではフットレストとオットマンを実現し、シートの空間でくつろげるスペースを確保しています。
 
低燃費、低排出ガスの基準を高レベルで達成しており、平成27年度燃費基準をクリア。路面状況を察知し、最適な制御が可能となる「VDIM」機能や「S-VSC」機能などを導入。坂道発進時には車両が滑り落ちることを防ぐ「ヒルスタートアシストコントロール」システムを採用しているので、ミニバンに乗り慣れていない人も安心です。夜間には、自動防眩インナーミラーを採用しているので、周囲の光や後方の光を察知し、ドライバーの負担を軽減するなどの機能を兼ね備えています。エンジンは世界でもトップクラスの高性能の「V6 3.5L 2GR-FE」を採用。スーパーインテリジェント6速オートマチックと6速シーケンシャルシフトマチックを採用しているので、エンジンと連動してスマートな走りを実現しています。

 

 

 

 

 

マークエックス・ゼロ

2013/07/02

トヨタのミニバンの中でもグレードの高い自動車として注目されていた自動車「マークエックス・ゼロ」。乗車人数は5人から7人乗りの三タイプで、後部座席の部分に荷物置き場として利用することもできます。本体価格は5人乗りで240万円程度、7人乗り260万円程度の設定になっています。寒冷地仕様で4WDのタイプも販売されています。また、助手席リフトアップシート車も販売されており、手動で車いすを収納できるタイプも販売されています。
 
燃費は一リットル当たり約12キロメートル程度で、ガソリンタイプ、排気量は2362CCとなっています。最大トルクは222/4000で全長は4,715mmが標準タイプです。全幅は1,550mm、ホイールベースは2,780mm、ステアリングはラック&ピニオン式でサスペンションは前は「マクファーソンスラット式コイルスプリング」、後ろは「ダブルウィッシュボーン式コイルスプリング」タイプとなっています。トランスミッションは自動無段変速機です。非常に高性能のミニバンタイプで、ファミリーで長距離のドライブを楽しむときに不満を感じない高性能の自動車といえるので、ミニバンをお探しの人は参考にしてみてはいかがでしょうか。